「家族葬」

家族やごく親しい親類・友人等のみで行う少人数のご葬儀です。
気心の知れた方々のみで行うので、落ち着いた雰囲気の中でお別れが出来ます。会葬者に気兼ねすることなく、大切な人との別れの時間を、アルバムの写真を見ながら故人を偲んだり…、お好きだった音楽を流したり…等 できるだけ故人の遺志にそった形で行う事が可能です。

また、「密葬」とは本来、内々で行い別途本葬などを行う事が前提の葬儀の事であり、大規模な葬儀を行う際に混乱を避ける為に行うこととして用いられる意味です。

「一般葬」

親族だけでなく、故人とのお付き合いがあった友人や知人などにご弔問を頂くオーソドックスなスタイルになります。古来より受け継がれてきた宗教儀礼を中心とする伝統的な形を大切にしつつ、皆様にお送り頂く事により、ご縁のあった方々へご挨拶が出来ます。
ご参列者が増える事による返礼品や飲食代等の費用がかかると思われがちですがお香典により費用がまかなえる部分もありますので、事前の予測やお見積が重用です。「家族葬」を行ったが、後日大勢のご友人・知人がお参りに見えられたなどもございます。事後の事も念頭に考え進めた方がよろしいでしょう。

火葬式

通夜や葬儀告別式などの儀式を行わず、ごく限られた親しい方のみ火葬場へお集まり頂き、ご火葬のみ行う、最もシンプルな葬儀形式です。

一日葬

通夜は行わず、葬儀告別式を1日で済ませる葬儀形式です。 儀式が1日だけなので、遺族の身体的、精神的、経済的な負担が軽減されます。またご火葬式だけではお別れもゆったりとしたお時間で行う事が出来ません。シンプル且つきちんとした告別のスタイルです。

お別れの会

一般的には密葬を行い、ホテル等で親しい皆様をお招きし温かいお食事等をお召し上がりになりながら皆様にお別れを頂くスタイルです。「ホテル葬」ともよばれます。 ホテル等では空調や設備が整っており、ご参列を頂く皆様にとって最上のおもてなしが可能です。また宗教儀礼にこだわらず自由な形式で出来る事も選ばれる理由です。

無宗教葬

特定の宗教・宗派にとらわれずに行うスタイルです 親族・参列者が直接故人に告別の辞やメッセージを伝えたり、お好きだった音楽をかけながら献花をしたり、想い出の映像をお流ししたりと、皆様の自由な発想にて式典を進められます。 但しご親族間・菩提寺等の関係でトラブルにもなりかねませんので事前にご相談の上進めていただいたほうが賢明でしょう